やりたいことを、住みたいまちで 〜運命の地域と出会える、移住情報サイト〜

246beef3c1b893a571a55031243819c5
ヘッドライン2016.10.31

転職が当たり前になったように、移住が当たり前の世の中に!

今でこそ“転職”は当たり前になったが、たかだか20年前、1990年代頃までは終身雇用が当たり前であり、転職する人は少数派だった。

それまでは一度企業に就職したら定年まで安泰という意識だったのが、バブルがはじけたり、山一證券をはじめ大企業が倒産したり、リストラが次々に行われたりなど、世の中が目まぐるしく変わるにつれて、自分の人生は結局自分で守らないといけないという自衛意識や、自分の人生は自分で決めるといったキャリア意識が芽生えるようになり、今では転職が一つの選択肢として市民権を得るに至った。

翻って移住はまだまだ多くの人にとって選択肢になりえていないのが実情だ。

しかし最近は、東日本大震災などをきっかけに、従来の経済的価値観から家族との時間・趣味の時間といった精神的価値観を大切にするようになったり、ITの普及により場所に囚われない働き方が可能になったりなど、少しずつ環境が変わってきており、現在は先駆者層が移住を選択肢にし始めているといった段階かもしれない。

今後この動きが多数層にまで広がっていくと、例えば20代は東京でバリバリ働き、結婚して子どもが生まれたら子育て環境を求めて自然豊かな田舎へ移住。その後子どもが巣立って夫婦だけに戻ったら、老後は都会と田舎の中間の地方都市へ移住する。そんなライフステージにあわせて住むところを変えるのも当たり前になるかもしれない。

昔は新卒から定年まで永続勤務が当たり前だったのが、今ではキャリアプランにあわせて企業を渡り歩くのが当たり前になったように、移住もライフステージにあわせて最適な環境へ移住するのが当たり前の社会が近い将来来るかもしれない。

そしてそんな世の中になれば、人口の流動化、人口分布の適正化が進み、疲弊した地方は元気・活気を、過密化した東京は正常をそれぞれ取り戻し、そして日本全体が今よりもっと健全な国になるのではないだろうか。

記事一覧に戻る