やりたいことを、住みたいまちで 〜運命の地域と出会える、移住情報サイト〜

5e1bde72ac074ecb0880a0d0e09a0c4d
九州・沖縄
ルポ

霧島連山の湧き水で育まれるのは食べ物だけではない!子育て環境全国トップクラスのワケ(宮崎県小林市)

宮崎県の南西部に位置し、北部は熊本県、南部は鹿児島県に接する宮崎県小林市は、最近子育て環境として注目を集めている。宮崎県は合計特殊出生率が全国第2位、「いい子どもが育つ」都道府県ランキングでも3回連続第1位または第2位を獲得しているが、そんな宮崎県のなかでも小林市はトップクラスの環境だという。また「住みよさランキング2014」九州・沖縄地区トップ20でも、宮崎県内では唯一小林市がランクインした。なぜ小林市は子育て環境として適しているのか、その理由に迫った。.


霧島連山の湧き水がもたらす恩恵

.
市の南西部には霧島連山が、北部には九州山地の山岳が連なり、その山麓に広がる小林市は、春は数キロ続く桜並木が、初夏には湧き水に生息するホタルが、夏には「星空のうつくしいまち」日本一に計5回選ばれるほど満点の星空が、秋にはコスモスが咲き乱れる高原が、などなど市内各所で四季それぞれを楽しむことが出来る。都会で生活していると、気温以外で季節の変化を感じる機会は少なく、四季を感じるためにはわざわざ遠出をしないといけない。しかしこの地であれば、四季の移ろいを日常生活のなかで、それも目で楽しむのはもちろん、草木の匂いや鳥の鳴き声、肌触り、食べ物など、まさに五感で感じることが出来るのだ。

cd736784f0e75f3c40b2617d6698e2a6

19421fcdd36f1c4a88fdb19ff4408cab

自然を感じられる地域は、ほかにもあるかもしれない。しかし自然がもたらす小林市の恵みは、四季の移ろいだけにとどまらない。活火山である霧島連山に降り注いだ雨水が、50年の歳月をかけて地中奥深くでゆっくりと栄養分、特に肌や髪、血管、皮膚、爪などの組織生成に不可欠な重要ミネラルであるシリカ(=ケイ素)を豊富に吸収し、市内各所で湧き出ている。そして名水百選にも選ばれたこの湧き水は、小林市では水道水としても使われているので、最低限の消毒処理はされているものの、蛇口をひねれば美味しくて安全な水がすぐに手に入るわけだ。海外では水道水をそのまま飲める国は限られており、日本の水道水でトップクラスと言うことは世界トップクラスと言っても過言ではないだろう。

dsc_0309

dsc_0325

また農業生産額全国第6位を誇る宮崎県はさまざまなブランド食材が有名だが、小林市でも平均気温が高く、日照時間、降水量も全国トップクラスの温暖な気候のもと、和牛のオリンピックで日本一に輝いた「宮崎牛」や鶏・豚の畜産、また「完熟マンゴー」「めろめろメロン」をはじめさまざまな野菜やフルーツ栽培が行われていて、これら農畜産にももちろん湧き水が使われている。大阪から移住してきて、品種改良を繰り返しながら野菜栽培をしている梶並達明さんは「孫に食べさせたいと思える野菜づくりを心掛けている」と話し、温暖な気候と湧き水に育てられた梶並さんの野菜は東京の一流レストランでも使われているくらいだ。

dsc_0337

そして物価の安さが全国第1位であることや、生産地のおひざ元であることから、そんな数々の農畜産物が、市内のスーパーでお手頃価格で手に入るほか、ごひいきの農家さんから直接購入する市民も多い。東京から移住してきた伊藤斉さんは「湧き水でつくられた野菜なので美味しいのはもちろん、作った人の顔が見えるので安心できる」と話す。大自然の恵みによって育まれた安心・安全な食材が、毎日の食卓に並ぶとはなんとも羨ましい限りだ。

dsc_0404

 

自然と地域に育まれる人間力

しかし豊かな自然環境で育まれるのは農畜産物にとどまらない。小林市健康推進課の峯田孝子主幹は「三つ子の魂と言いますが、幼少期に五感で自然を体験することは、子どもが生き抜く力や人間力を養うのに最も適していると言えるでしょう」と語るように、豊かな自然、そしてその自然がもたらす水や食べ物は子どもの成長において最高の環境と言えよう。

14df86267efa7b405870d4721efe7828

また小林市の住民は、よく言えば親切、悪く言えばおせっかいと言われるほど、人と人との距離が近い。都会では同じマンションの隣人すらわからないことも多いが、小林市ではご近所づきあいも密接なので、子育ての先輩方に相談したりできるほか、「よその子どもを叱る大人がいなくなった」と言われて久しいが、まだまだそんな大人が近所にいるのは心強い。

そのため地域で子どもを育てるという意識も強い。小林市では県内でもいち早く「小学校での副担任制」をはじめ、どんどん新しいことを積極的に採り入れているが、校内に住民交流の場として「茶飲み場」を設けたり、放課後に住民が児童の勉強を見る「寺子屋」を設けたりする小学校もあるなど、特に「地域との関わり」を重視している。

42e9eaddf5d98f4dfe622bbc21f1e6be

d76ed3212d8acba164aac7fc00850cad

こうした「地域で子どもを育てる」風土をさらに磨くべく、市では2015年度から「0歳から100歳までの小林教育プラン」を策定した。これは子どもの自立を促し、感謝する心を育むとともに、大人になってからは「今度は自ら貢献したい」という気持ちを自然と抱いてもらうことで、「学びたい」という子どもの想い、「学ばせたい」という大人の想いを高めながら、地域全体で子どもを育てる風土を磨いていく狙いだ。

そんな「豊かな自然」と「地域で子どもを育てる風土」を求めて、特に東日本大震災をきっかけに従来の経済合理主義から、安心・安全や家族との時間など精神的満足の追求へと価値観が変わった人たちを中心に、小林市へ移住してくる家族がこの数年少しずつ増えてきている。.

.
まずはお試しあれ!

とはいえ、いきなり移住となると相当の覚悟が必要だ。そこでまずは大自然と人情を体験しに、「お試し滞在」を利用してみてはどうだろう。

小林市では移住を検討している人に対して、市中心部に3LDKで寝具や電化製品なども備え付けた部屋を用意していて、1日1室1,000円で利用できる。またのどかな田園風景が広がる霧島連山の北部では、田舎暮らしが堪能できる農家民泊も利用可能だ。

249021d4a76c0e6c4109a12c9ba24b93

さらに体験滞在者向けの「体験ツアー」もこの秋から開始される予定だ。最近は移住希望者向けに滞在施設を設ける地域も増えてきているが、ただ泊まるだけでは結局観光と変わらず、移住後に「想像とは違った」というケースも各地で散見される。しかしそれでは地域にとっても、移住者にとっても、お互い不幸なだけだ。

そこで小林市では「体験ツアー」を設けて、小林市で生活するうえで押さえておきたい主要スポットを案内するほか、移住者や地元住民との交流などもアレンジされるので、小林市での暮らしをよりイメージしやすくなることだろう。

「移住はお見合いみたいなものだと思います。万人に対して受けるように、表向きを飾りたてたり取り繕ったりしても、決して長続きせずにお互い不幸になるだけです。なのでまずはありのままの小林市をご覧いただき、ありのままを体感してもらいたいと思います。来てもらえればきっと気に入ってもらえる、その自信はあります!」と移住相談窓口を担当する小林市市民協働課の上野祥枝さんは力強く語る。

a6b0578606628b0aa041d78065841954-1024x735

百聞は一見にしかず、小林市が気になったらまずは些細なことでも質問・相談してみよう。きっと“おせっかい”なくらい、あなたの相談に親身にのってくれるに違いない。

 

小林市ホームページ / 移住・定住ページ http://cms.city.kobayashi.lg.jp/display.php?list=39

dsc_0401-1024x681

伊藤 斉さん / 智子さん (東京から移住)

 

小林市に移住してきた経緯から教えてください。

(奥さん)東日本大震災をきっかけに、価値観が180度変わって“安心・安全”が全ての価値判断基準になりました。とはいえ、すぐに移住を決意したわけではありませんでした。その年の夏に、移住を検討している友人に付き添って娘と一緒に九州を回っていたのですが、小林市に来た時に娘が「ここに住みたい」と言い出したのです。もともと私の実家が福島県で幼いころから何度も連れて行っていたので、親近感を覚えるとともに、子どもながらに本能的にこの環境を求めたのではないでしょうか。

(ご主人)ちょうど震災直前にマンションを購入したばかりだったことと、子どもが言うことだからそのうち気持ちが変わるだろうと思い、最初は妻と娘だけ小林市へ移り、私は東京に残っていました。しかしいくら待てども気持ちが変わるどころか、どんどん田舎暮らしを満喫していく様子を見ているうちに、覚悟を決めて1年後に私も移住することにしました。

 

お仕事はどうされたのですか?

(ご主人)先に妻と娘が来ていて住むところはありましたので、移住してから仕事を探そうと考えていましたが、タイミングよく地域おこし協力隊の募集があったので応募しました。元々デザインの仕事をしていたので、その経験を活かして市のデザイン業務に携わるほか、個人でも地元の農家さんからシールやパッケージづくりのお話を頂いたりしています。任期終了後は起業して地元食材の六次産業化に向けたデザイン支援を手掛けたいと考えています。

 

移住してきた当時、何か困ったことはありましたか?

(奥さん)移住してきた当初は知り合いがいなかったので誰にも相談できず、正直慣れないトラブルも色々ありました。しかし少しずつ地元の方から声をかけていただき知り合いが増えるにつれて、今では楽しく過ごしています。

 

こちらへ来て良かったなと思えたことはどんなことですか?

(奥さん)やはり自然の中で子どもを育てられるのが最大のメリットですね。東京では自然に触れさせる機会がほとんどなく、わざわざ車や電車で移動しないと体験できなかったのですが、こちらでは田植えに参加させてもらったり、ヤギと遊んだり、近所でホタルが見れたりなど、自然を五感で味わえるのは子どもにとって最高の環境だと思います。

またそんな自然の中で育った食べ物は美味しくて、そのうえ作っている方の顔がちゃんと見えるのもこちらならではですね。よくご近所さんからおすそ分けもしてもらっています。移住してきた当初、知らない人がたけのこを持ってやってきたので、売込みだと思って「食べ方がわからないから」とお断りしたのですが、しばらくしてたけのこを湯がいて持ってきてくれた時、勘違いしたことを恥ずかしく思うとともに、人の温かさを感じることが出来ました。東京だと隣にどんな人が住んでいるかすらわからなかったので、こういうご近所づきあいはいざという時でも心強いですね。

 

学校はどんな感じですか?

(奥さん)良い意味で先生との距離が非常に近いですね。元々は東京の小学校に入学する予定でしたが、その時の対応は正直事務的な雰囲気を感じました。しかし最終的にこちらの小学校へ入学することになり学校へ相談に行ったら、すごく親身に対応してくれました。また担任の先生との日常的な交流もこちらでは当たり前で、些細なことでもちゃんと話を聞いてくれるので頼りになりますね。

またこちらでは「地域で子どもを育てる」という意識が根付いているのも心強いですね。移住当初に住んでいたところは学校まで数キロの道のりだったので、低学年のころは送り迎えしていたのですが、どうしても迎えに行くことが出来ず、一人で帰宅させたところ、知らない人と一緒に帰ってきたことがありました。訳を聞くと通学路の途中の家の方で、一人で心細くしていた様子を見かねて連れてきてくれたとのことでした。私はもう恐縮しっぱなしでいたら、「子どもは地域みんなで育てるものなのだから、気にしなくていいのよ」とおっしゃっていただき、本当に有り難かったですね。

 

それでは最後に移住を検討されている方にアドバイスをお願いします。

(ご主人)憧れだけだと長くは続かないので、何のために移住するのか、その目的を明確にもって候補地をきちんと検討し、そして移住後もその想いをきちんと持ち続けていれば、どこへ移住するにしても、そこが最高の環境になると思います。

(奥さん)子育ての面から言えば、いずれ大人になって都会へ出ることになるかもしれませんが、幼少期に自然のなかで暮らすことは、子どもの人生において必ず財産になると思います。きっかけは子どもの一言でしたが、楽しむ気持ちがあれば何とかなりますし、目的をちゃんと持っていれば充実した生活を送れると思います。

 

有難うございました。

98f5e56f438fcdaf47bd8fd4457e07fb

南九州の中央部・宮崎県の南西部に位置し、北部は熊本県、南部は鹿児島県に接しています。国道や高速道路などの広域交通網が整備されているので、宮崎市(約50分)や鹿児島市(約1時間)はもちろん、福岡市(約3時間)や熊本市(約1時間40分)など九州各県の主要都市へのアクセスも便利です。

また年平均気温は15.8度と温暖な気候で、日照時間、快晴日数も全国上位にランクされるほか、安心度・利便度・快適度・富裕度・住居水準充実度を基に算出される「全国住みよさランキング2014」では2年連続で宮崎県が第1位に、市町村別でも九州・沖縄ブロックで第20位(宮崎県内第1位)にランクインするなど、暮らしやすい地域として注目を集めています。

 

<自然環境>
南西部には霧島連山が、北部には九州山地の山岳が連なり、緑豊かな森林や高原が開け、清らかな渓流美を誇る河川とその流域には優良農地が広がり、ジオサイト(地質遺産)や温泉、湖沼などの個性的な地域資源も多数有しています。

そして霧島連山を源泉とした良質な湧き水は、日本名水百選にも選ばれ、農業用水や養殖漁業に利用されるほか、水道水もこの湧き水が利用されています。

36a60133a20ee41d4f4f50539195d4ba

 

<産業>
雄大な霧島連山の恵みの中で清らかに磨かれた”水”がさまざまな恩恵をもたらす小林市では、農畜水産業が主要産業です。

和牛のオリンピックで日本一に輝いた「宮崎牛」をはじめ、「みやざき地頭鶏」「完熟マンゴー」「めろめろメロン」などの特産品のほか、一年中新鮮な野菜やフルーツに恵まれます。
また近年は「チョウザメ」を新たな資源とすべく飼育や商品開発に力を入れていて、国産チョウザメの飼育尾数は日本一を誇ります。(稚魚供給ベース)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

0件九州・沖縄
Im area kyusyu

宮崎県小林市

  • 夏が涼しい
  • 冬が暖かい
  • 山がある
  • 温泉を楽しめる
  • 交流・体験・お試し制度がある
  • 育児支援がある
  • 住宅支援がある
  • 起業支援がある
  • 就職・転職支援がある
5e1bde72ac074ecb0880a0d0e09a0c4d

ルポ

霧島連山の湧き水で育まれるのは食べ物だけではない!子育て環境全国トップクラスのワケ(宮崎県小林市)

口コミ

0件

この自治体の移住情報へ

記事一覧に戻る