やりたいことを、住みたいまちで 〜運命の地域と出会える、移住情報サイト〜

3a1e123bebe07d42e19e11374d65fa1f2
九州・沖縄
ルポ

唯一無比の存在になる~個人の尊厳を取り戻す!~(佐賀県基山町)

福岡県との県境に位置する佐賀県基山町。同町は、鳥栖市や筑紫野市、小郡市といった街と隣接するとともに、九州最大の都市・福岡市へも約25分で出られることなどから、福岡市のベッドタウンとして、長らくその役割を果たしてきた。

dsc_1210

東京で言えば、川崎・浦和・市川あたりと基山町は、ほぼ同条件だろうか。

<電車の場合>
新宿駅-川崎駅(神奈川県)  約35分
新宿駅-浦和駅(埼玉県)  約25分
新宿駅-市川駅(千葉県) 約35分
博多駅-基山駅  約25分

ただ大きく違うのは、川崎・浦和・市川のいずれも、市(区)域のほとんどが、市街地と住宅地で構成されており、自然環境はごく一部に限られる。

しかし基山町は、町の約3分の2が丘陵地であり、残りの約3分の1に市街地・住宅地が集約されているため、人が暮らすうえでの機能がコンパクトにまとまっているとともに、市街地から車を5分も走らせれば、田園や山林へと景色が様変わりする、そんな自然環境に囲まれている。

dsc_1243

 

/////////////

 

そんな地域性から、1990年代には、けやき台地区を中心に、新興住宅地として分譲住宅が多く建てられ、福岡市のベッドタウンとして、多くの人たちが移り住んできた。

dsc_1166

そして当時移り住んできた人の多くは、福岡市に拠点を持つ大手企業に勤務する人だったり、九州大学や佐賀大学の教授だったりなど、そうそうたる顔ぶれだったが、当時30~40代の人たちは、現在では60~70代になって定年を迎えている。

しかし今どきのシニア層は体力的にも気持ち的にもまだまだ若く、何か人の役に立てないだろうかと考えている人も多い。

そこで基山町では、このような意欲があり、そして経験豊かであるシニア世代と、2015年に任意団体「基山SGK(すごか)」を発足。現在50代から80代までのシニア約50名が、町の活性化に向けて、6つの事業に取り組んでいる。

●健康づくり(住民の健康促進)
●休日寺子屋(子どもたちの自然体験学習)
●コンビニ等と連携した高齢者の職域拡大(高齢者雇用推進)
●企業支援(地元企業への経営支援)
●まちカフェ(コミュニティスペースづくり)
●基山特産品推進(地場産業活性化)

dsc_1122

取材時はちょうどまちカフェオープンに向けて最終準備のタイミングだった

なお各メンバーが保有する経験・スキルを基に、現在は6事業が設定されているが、新しい経験・スキルを持った新しいメンバーが加入することがあれば、新しい事業も検討するなど、メンバーの特性と町の課題を照合しながら、発展させていきたいとのことだ。

また県外出身のメンバーが多いことから、よそ者視点で客観的に基山町をとらえているメンバーも多い。例えば全国的にも有名な鳥栖プレミアム・アウトレットが、基山町中心部から車で10分程度のところにあるが、現在基山町は通過地点に過ぎない状態になっている。

そこで県外出身メンバーを中心に、アウトレット目当ての人の流れを、通過ではなく滞留させることは出来ないだろうか、という考えも出ているそうだ。このように、地元の人にとっては当たり前の光景や状況も、よそ者から見たら、“宝の山”に見えることも少なくない。

dsc_1100

当日お話をお伺いしたSGKのメンバーの方々

 

///////////////

 

都会は人口が多く、また同じような経験や知識を持った人材も巨万といるので、どうしても“ワン・オブ・ゼム”に埋もれてしまい、自分のアイデンティティー(存在意義)や居場所を見いだすことが難しければ、人の役に立っていると実感することもなかなか難しい。

一方、地方は人口の絶対数が少ないため、都会では溢れているような経験や知識も重宝されることが多い。また一人ひとりが担う役割や範囲も広いため、自身のアイデンティティーや居場所、そして社会的意義を感じる機会も多いことだろう。

都会では“ワン・オブ・ゼム”に陥ってしまいやすい個人の尊厳が、地方では“唯一無比”の存在として輝かせることが出来よう。

まさに基山町の「SGK」は、シルバーが“唯一無比”の存在として活躍している、そんな好事例と言えよう。

 

基山町ホームページ  http://www.town.kiyama.lg.jp/soshiki/27/

dsc_1195

岩永紹さん(富山県出身)

 

まずは簡単に生い立ちを教えてください。

富山県富山市で生まれ、大学進学を機に東京に上京しました。その後一度は企業に勤めたものの、じきに退職して、世界各国を転々と旅していました。

その後は東京でバーテンダーとして働いていたのですが、長時間だったり、時間も不規則になりがちだったりしたことから、体力的な面で、若いうちは良いけれど、一生出来る仕事ではないなと、不安を感じるようになりました。

 

それで移住を考えられたのですか?

熊野で地域おこし協力隊をやっている知人の知人がいて、地域おこし協力隊に興味を持つようになりました。

ただ、どこでも良いわけではもちろんなくて、実際にどんなところなのかを見ないことには決められませんので、九州を中心に、車で各地を回っては、気に入った地域に履歴書を送る、そんなことを繰り返していました。

dsc_1094

 

そのなかで、なぜ基山町を選んだのですか?

初めてこの町に来た時、牧歌的というか、のんびりというか、そんな雰囲気に惹かれました。

市街地はコンパクトにまとまっていますし、車を5分も走らせれば田園風景が広がっていたりもします。また博多まで30分程度で行けますし、周辺地域には大型商業施設や総合病院もありますので、のんびりとした環境だけでなく、便利さが享受できるのも大きかったですね。

 

現在はどのようなことに取り組んでいるのですか?

駅前の商店街の活性化をミッションに、主にイベントの企画や運営をしています。例えば、他の地域と同様に、基山町内でもシャッターが下りたままのお店が散見されます。そこで、少しでも雰囲気を盛り上げようと、近隣の中学・高校に声をかけて、廃業したお店のシャッターに絵を描く、いわゆる「シャッターペイント」を企画しました。

dsc_1225

また「おさんぽマルシェ」というフリーマーケットを提案し、年に数回、イベント事に合わせて開催したりしています。

 

休日はどのように過ごされているのですか?

普段は友達を訪ねて、博多や鳥栖でご飯を一緒に食べることが多いですね。また逆に友達が基山町に遊びに来ることもあるので、先日は子ども連れの友達夫婦と、町内のキャンプ場に行ったりもしました。

あと収穫の時期になると、農家さんから声をかけていただいて、収穫のお手伝いをさせていただくこともあります。

 

今後の抱負を聞かせてください。

イベントなどを通じて、子どもたちと触れ合う機会が多いこともあり、現在保育士の資格取得に向けて勉強をしています。

私たちが小さいころは、何が危険なのか、どこから危険なのかなど、実際に体験することで、学んできました。しかし、今の子どもたちは、なかなかそのような機会がありません。

そこで、例えば放課後に子どもを預かって、出来るだけ子どものやりたいようにやらせてあげる、そしてそれを大人たちが見守る、そんな自然の中でさまざまな体験をすることが出来る場を作るのも良いかな、なんて考えたりしています。

まだあくまでアイディアレベルですが、いずれにせよ、何かしら子どもたちと関わることをしていきたいなと思っています。

 

有難うございました。

dsc_1351

 

基山町は、佐賀県の東端に位置し、福岡県(筑紫野市・小郡市)、鳥栖市に接している。

 

<自然環境>
基山町の3分の2は丘陵地であり、基山山頂からは、町内・鳥栖市内、背振連山、耳納連山などの山々を一望出来、快晴時には博多湾や有明海、雲仙普賢岳まで目にすることも出来る。

5dc9d1eb422305f4e45acbb93b594a1d

基山からの眺望

 

<生活>
日常生活に必要なスーパーや商店街をはじめ、生活利便施設が市街地エリアに揃うほか、近隣にはイオンモール筑紫野・ゆめタウン筑紫野まで自動車で約15分、鳥栖プレミアムアウトレットまで自動車で約5分など、隣接する地域には複合商業施設やレジャー施設などが多数揃っている。

また同様に病院や福祉施設、さらには高度な医療が可能な大型医療施設も周辺地域に立地しており、周辺自治体との広域連携により、医療・福祉、介護や消防などの体制も整備されている。

基山駅前の「きやまモール商店街」

基山駅前「きやまモール商店街」

 

<交通>
JR鹿児島本線、甘木鉄道、西鉄天神大牟田線といった鉄道網、国道3号・鳥栖筑紫野道路、九州自動車道といった幹線道路網などが整備されており、九州内の交通の要衡を占める。

博多駅まで  約25分(JR快速)
福岡空港まで 約30分(高速バス)
筑紫野ICまで  約15分(自動車)
鳥栖ICまで 約10分(自動車)

dsc_1210

基山駅

 

0件九州・沖縄
Im area kyusyu

佐賀県基山町

  • 山がある
  • 育児支援がある
  • 住宅支援がある
3a1e123bebe07d42e19e11374d65fa1f2

ルポ

唯一無比の存在になる~個人の尊厳を取り戻す!~(佐賀県基山町)

口コミ

0件

この自治体の移住情報へ

記事一覧に戻る